未分類

仕事内容が多岐にわたるので

コンビニエンスストアでアルバイトをすると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
では、一番のメリットはというと、コンビニの仕事自体は完全にマニュアルがあります。
ですので初心者でも安心して働けるという点です。
そして、働くことに抵抗を感じないかもしれません。
コンビニエンスストアは私たちの生活の中で行き慣れている場所だからです。
気になる接客ですが、客層も子供からお年寄りまで年代はさまざまです。
色々な世代の人の接客をとおして社会勉強になるかもしれません。
勤務はシフト制のところが多いのでシフト制のところが多いので自分の都合に合わせて仕事を組むことができます。
時間帯は比較的短時間の募集が多いので、扶養範囲内で働きたいという主婦のかたにピッタリの職場といえます。
逆に少し大変なところもあります。
たとえば、仕事内容が多岐にわたるので、覚えるまで少し時間がかかるかもしれません。
コンビニの仕事は、商品の陳列、検品、発注や、店の掃除などさまざまな仕事があるのです。
店頭でレジだけをやっていれば良いというわけではあります。
仕事の量の割りには高時給ではないので、コンビニの仕事が好きという人でなければ続かないこともあるかもしれません。
いずれにしても人と接するのが好きな人、テキパキと仕事のできる人。コンビニの業界のことを勉強してみたいと思うひとには、意義のあるアルバイトになると思います。
興味があれば、一度好きなコンビニでアルバイトするのもいいでしょう。
アルバイトをコンビ二でしてみようと思ったら、仕事はどのように探したらよいでしょうか。
簡単は方法としては、コンビニに直接行ってみることです。
自分が働けるエリア内にあるコンビニに行ってみましょう。
なぜならお店の入り口などにアルバイト募集の張り紙が出ていることがよくあるからです。
コンビニの仕事は厳しくてアルバイトの出入りが多いから張り紙がしてあるのではと心配になる人もいるかもしれません。
でも決してそのようなことはないのです。
24時間365日営業しているコンビニではある程度余裕をもって多めの人数でスタッフを揃えておかなければ、急な休みなどのシフトに対応できないのです。
そのような理由からいつもアルバイトの募集をしていることが多いのです。
他にはアルバイト情報誌やインターネットの求人の「コンビニ専門」サイトなどで探すこともできます。
様々な地域に点在するのがコンビニです。自分の学校や家などの近くで働きやすい場所をみつけられるとよいかもしれせん。
実際に働いてみたいお店が見つかったらまず電話をします。
元気な声でハキハキと話しましょう。
次は面接です。
面接には必ず履歴書を持参します。
履歴書に載せる写真は清潔感のある服装と髪型で化粧は派手すぎないようにし、ピアスなどはできればはずしておいたほうがいいでしょう。
記入は丁寧な字で漏れのないように書きましょう。
また面接のときは時間厳守で5分前には到着しておきましょう。
面接ではオーナーさんに自分の希望などをしっかりと伝えることと、そのお店で働きたいと思った理由を明確にして話ができるようにしておくとよいでしょう。
自分で実際にお店に行ってみて様子をみておいてから、働きたいお店を決めるのもよいのではないでしょうか。